のぼりの重要性

のぼり、のぼり旗というと道に立っているものや、パチンコ屋、屋台、などのイメージが強いですね。
私もそのイメージが強いです。
と言うかそれ以外にあまり見たことないですが(笑)

最近のニュースですが
枝野幹事長が名前入りののぼり旗で演説されていたみたいです。
公職選挙法に抵触する可能性があるみたいですね。

それはさておきタイトルに上げた内容はここからになります
飲食店向けの上り旗で平均客数が上がるみたいですよ!
デザインにもよると思いますが・・・

飲食店の経営者の方のお話ですと「とにかく目立つデザイン」と言う声が多いみたいです
他のお店との差別化や外を歩いていて目に入る、覚えてもらうなどの事からでしょうね。

『人は他人の顔を見て0.5秒で好き嫌いを決めてしまう』という調査結果(シカゴ大学 認知・社会神経科学センター ステファニー・カシオッポ博士)と言う言葉があります。
のぼりのデザインで目立つ事以上に入りたいと好印象を抱かせるイメージが大事みたいです。
目立って入りたいと思うのぼり・・難しいですね(笑)

またのぼりの立て方ですが
それぞれ別のデザインを3本以上並べてたてるより
同じデザインのものを3本位上並べたほうが十分な効果が発揮されるみたいです。
お店の雰囲気やお客様の好むデザインのものを一種類だけ選んで
のぼりを立てるのが集客アップへの近道だと思います。

[取材記事]飲食店向けのぼり旗で平均127.3%も集客アップした3つの秘密。
こんなものも出てくるので、インターネットが発展していてものぼりは重要な立ち位置ですね。

ここまでの事をまとめますと
とにかく目立つデザイン 入りたいと好印象を抱かせるイメージ 同じデザインのものを3本位上並べる事
が大事みたいです。

のぼりを初めて作るなら制作から印刷までやってくれることろがいいですね。
のぼりを印刷するのも大変です